正面 Front view

I was sick of cutting disks by jewellers saw and made a trepanning tool. I ground this tool from broken end mill.

円盤を糸鋸で切りぬくのはうんざりしたのでトレパニング・ツールを作ってみました。まあ、こんな刃物を折れたエンドミルから削りだします。

側面 Side view

上面 Top view

Cutting edge is not straight. I ground a groove with 0.8mm diamond file for easier cut. I saw this idea at some machining site, but can not remember which site.

なお、切っ先はまっすぐではなくちょっと溝を彫ってあります。どこのサイトか思い出せませんが突っ切りバイトには溝を掘ると楽になるといるのが載っていたのでやってみました。0.8mmのダイヤモンド丸やすりを使用。

Disks are cut as this. The groove on the cutting edge seems working. The chips are powder like not strip from usual parting off tool.

こんな風にして円盤を切り出します。刃先の溝は効果あるようです。切子が帯状ではなく粉になります。

At this stage the work jammed in the work and I stopped cutting. I used cutting fluid since it was basically parting off and the stress was large.

ここまで切り進んだところで刃がワークに引っ掛かったため、切削は完了としました。なお、基本的に突っ切りなので切削油を使用しました。

Scrap parts were removed by pliers. This way is much better than cutting by jewellers saw.

不要部分をペンチで折取れば円盤完成。これは結構使えます。糸鋸よりはるかにいい。

Trepanning brass is very easy comparing to copper.

銅に比べると真鍮は非常に簡単です。引っ掛かることもなくきれいに切れました。

I tried trepanning with a copper plate that did not have centre hole. The plate was fixed to MDF fixtures with double sided tape and pushed by live centre.

中心穴なしのものも試して見ました。MDFのヤトイに両面テープで固定しライブ・センターで押します。

The double sided tape I used could not stand the force and the attempt failed.

これは失敗。両面テープの力では保持しきれませんでした。


 

 
inserted by FC2 system